浮気調査コラム記事一覧

そもそも浮気調査って、どの程度の期間で行われるのか?
そして、なんだか尾行されているのかもしれない…調査されているかもしれない…
と感じたときはどの程度の期間、調査探偵を気にかけた行動をしなければならないのか?!
とても気になるところで、知りたいところだと思います。

 

探偵社や依頼者側との契約期間によって異なりますが、それを踏まえたうえでだいたいの期間を紹介しいたします。

 

正直、実際のこ調査機関について一概にどの位の期間と特定はできません。。
探偵に対し、調査依頼者側が、調査対象者との関係意を今後どのようにしたいのか?
状況(離婚したいのか、関係を改善したいのか)、
そしてどの程度の調査を依頼するのかによって大きく調査に様事態も異なります。
この部分に関しては調査対象者側と、依頼者側との関係性にかかわることなのでご自身での判断の方が良いと考えます。

 

ですので、実際の浮気調査期間を算出する要素について紹介したいと思います。

 

①資産状況
簡単に言うなれば、その程度の貯蓄・資産があるのか?
これは実際に探偵調査は安いといっても千円、一万円程度ではないので決して安くありません。
ですので、貯蓄や資産があるのであればシッカリとした調査をしっかりとした探偵会社、大手にに依頼することができるので期間も多少長くなります。

 

例えば、1週間丸々連続で探偵に調査を依頼する場合は最低でも50万~100万円はかかります。
ですので以前お伝えしたように、丸々連続で調査してもらうと言うことはほぼなく、調査対象者の行動が怪しい日や曜日などを依頼者と探偵社側で打ち合わせをして特定し調査します。
そうするとこの場合、
例えば、週末金、土曜日 2日間 × 3週間分で連続丸々1週間分と同じ額の50万~100万円の支払いになるはずです。

 

※依頼者側の両親の援助がある場合も実際とても多いので、このことも踏まえたうえで考えておくとよいです。

 

調査に際し、離婚が絡んでいるのか?!
極論、依頼者側(パートナー)が離婚をしようと決心している場合、慰謝料をはじめ財産分与、子供がいる場合は養育費の問題が絡んできますので、依頼者側は調査に対しとても気合が入っている可能性が高いです。
依頼者側としては、少しでも自分に有利になるように依頼をし、そのうえでの調査をしますので、依頼者側は通常よりも見落としが無いようにお金をたくさんかけて依頼する可能性があります。
このような場合は、ちょっと気になった程度の浮気調査ではなく、調査自体をガッツリしてもらうために確実に調査期間も長くなります。
ですので、本来は夫婦もしくはパートナーな訳ですから、依頼者(パートナー)の接してくる雰囲気や対応、様子などからご本人がどの程度のニュアンスなのか見極めなければなりません。

 

極端な大富豪の場合は例外ですが、
怪しいと思っている月&木曜をの調査を2か月間(トータル15日程度)
などで、浮気・不倫している証拠が確実に取れるまで1~2か月間の週末のみの調査になりますよね。

 

今回の議題でお分かりいただけかと思いますが、
期間について知りたい場合は、依頼者側(パートナー)と本人(調査対象者)の関係性が非常にポイントになります。
費用面についても、貯蓄資産などどの程度持っているのか?は本来把握できるはずです。

 

探偵に調査されているのでは?と感じたら、まずご自身の状況を確認してみることをお勧めします。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

浮気調査依頼時の注意点